ページ上へ

様々決済・支払方法

ライブチャット決済方法いろは

ライブチャットの料金の決済方法には、最も身近な「クレジットカード決済」「銀行振込」の他にも、
「コンビニ払い」や、最近では「楽天ペイ」や「PayPal(ペイパル)」「BitCash(ビットキャッシュ)」などの電子マネーも利用可能となっているサイトも増えてきました。
決済・支払方法はライブチャット運営会社によって様々ですが、クレカ決済と銀行振込は基本的にどのチャンネルでも用意されていると考えてよいでしょう。
キャッシュレス化が進む昨今、生活の中でも電子マネーが欠かせない存在になりつつありますので、決済方法はさらに充実していくことでしょう。

こちらでは、ライブチャットの料金の支払方法に焦点をあてて解説していきます。
また、お得な決済方法などもご紹介しますのでぜひご参考にしてください!

決済方法それぞれの特徴

スマホ決済のイメージ
クレジットカード決済

最も手軽にすばやく決済ができる方法が、クレカ支払いでしょう。
24時間リアルタイム決済が可能ですので、いつでもすぐにポイントを購入することができます。
クレジットカード自体、審査を通過しなくては持てないものですので、それなりの信用度があります。
サイトによっては、クレジットカード認証(登録)をするだけで、ポイントプレゼントなどの特典を受けることができます。

クレジット決済にはSSL(TLS)が使用され、堅牢かつ最先端技術で暗号化される環境で行われますので、安全性も高いと言えます。
送信したカード情報が第三者に読み取られることはありません。

銀行振込

これもライブチャットに限らず、決済方法としては最もメジャーな方法ですが、
振込先を確認しメモなりをとる必要があったり、振込み後に「入金報告」を行わなくてはならないなど、やや手間がかかります。

また、最もネックとなるのが、振込みしてからポイント追加に反映されるまでタイムラグが生じる点と、振込手数料が掛かってしまうことでしょう。
ネットバンキングを使うのが当たり前となっておりますので、ATMに行ったりなんて手間は掛からなくなりましたが、
クレジットカード決済などと比べると、やはり小回りの効かない方法となってしまいます。
モアタイムシステム(365日24時間入金可能といなった金融機関のシステム)に対応しているかもサイトによって異なりますので、入金可能時間もしっかりと確認しておきましょう。

銀行振込決済をご利用の場合は18歳以上であることの証明が必要となる場合があります。
その際は、身分証明書の画像をメールで送信、もしくは郵送して年齢認証が済んでから利用が可能となります。

BitCash(ビットキャッシュ)

BitCashは、全国のコンビニで購入できるプリペイド型電子マネーで、24時間リアルタイムに決済することが可能です。
コンビニで購入できますので、クレカを持っていない人や抵抗のある方にもオススメです。
こちらも、年齢認証が必要となるケースが多いですのでご利用の際は予め身分証明書を用意しておきましょう。

楽天ペイ

お近くのコンビニで24時間いつでも料金を支払うことができるサービスです。
各コンビニに設置されている「Loppi」や「Famiポート」等の端末を操作した上で、レジにて支払いします。
その都度コンビニへ足を運ばなくてはならないのは面倒ですが、安全性が高い決済方法のひとつです。

一番お得なのはやはりクレカ?

スマホでクレジットカード決済するシーン

利便性の面に置いて、ライブチャットに一番向いているのはやはりクレジットカード決済でしょう。
「あの子と今すぐチャットしたい!オナニーしたい!!」って時でもすぐにポイントを追加できます!

その点、銀行振込やコンビニ決済は、リアルタイムのつながりを楽しむライブチャットにはやや不向きかもしれません。
しかし、家族にライブチャットを愉しんでいることをバレたくない人などカード明細書が家に届くことは避けたい場合には、
有効な決済方法だと言えます。

カードのポイントが貯まる

小銭入れと100円玉

利便性以外のお得度として、気になるのがコスト面での有利性でしょう。
銀行振込など手数料がかかるものは、やはり早々の脱落となります。

クレジットカードはカードによって年会費等がかかる場合があります。
しかし、これをライブチャットのコストと考えるのはやや無理がありますので、純粋に決済用途の方法として考えます。

多くのクレカには、ポイント機能(ライブチャットのではありませんよ!)が付いています。
みなさんもご存知、利用金額の〇〇%分がポイントとしてたまっていく、あのシステムです。
ライブチャットの決済で利用しても、金額に応じてポイントがつきます。
溜まったポイントは買い物などカード会社それぞれの定める方法で使うことができますので、
実質的にライブチャット利用料の一部がキャッシュバックされる形になります。
「楽天ペイ」でも楽天スーパーポイントとリンクしていますので、同じような恩恵が得られます。

こうしたことからも、利便性・コスパ面双方において現状一番お得に使えるのは「クレジットカード決済」と言えますが、
ご自身の環境やそれぞれの使い勝手で向いている方法をチョイスするのがベストでしょう。
(筆者は一時期、直下にコンビニのあるアパートに住んでいましたので、コンビニ決済を使いまくっておりました)