ページ上へ

若い女の子との会話のコツ

携帯を見て困惑する女性

ライブチャットは誰でも手軽に20歳前後の若い女性と交流することができます。
アダルト系では女の子がパフォーマンスをするのがメインですが、ツーショットチャットでは相応の会話をしないといけません。
アダルト系でも会話が盛り上がらないと気まずい雰囲気になり、女の子のモチベーションが下がってしまうので注意しましょう。
今回は若い女の子との会話をする時のコツをまとめました。
若い女の子と何を話せばいいか分からない方や、沈黙が多くなってしまう方、会話はできるけど盛り上がったり距離を縮められない方は参考にしてみてください。

   

気を使わなくていい人だとアピールする

ライブチャットをしている若い女の子はオツムがちょっと弱い子の比率が高いですが、それでも明らかに年上の男性には気を使っているものです。
若い子と仲良くなって会話を弾ませるためには、学校の先生やバイト先の社員など身近な大人とは違って気を使わなくていい人だとアピールすることが大切です。
今回は若い女の子と会話する時に壁を作らないテクニックとして「馬鹿にしているでしょ?」を紹介します。
何気ない会話の中で、強引に「俺のこと馬鹿にしているでしょ?」といった流れに持っていき、女の子からは「そんなことないよぉ」と返させることができれば成功です。

●会話の一例
男:「俺は何の仕事をしていると思う?」
女:「うーん、会社員?」
男:「会社員ってなに?THE平凡って感じで馬鹿にしているでしょ?」
女:「そんなことないですよぉ、じゃあ何をしているんですか?」
男:「えっと、会社員!」 女:笑

あくまでも一例ですが、普通のことを言っているのに、馬鹿にしたと難癖を付けて、最後は冗談で返すのがポイントです。
ライブチャットでは「さっき俺のこと馬鹿にしたから、とりあえず1枚脱いで」などと罰ゲームっぽく進めてるのも有効なテクニックになります。
女性とうまく話せない人は、あらかじめ決まった答えが返ってきそうな質問と返し方を用意しておくとよいでしょう。

オウム返し手法

会話を上手に行うテクニックは色々ありますが、実際に女の子と会話をすると頭の回転が追いつかずに上手に実践できないことが多いです。
会話が詰まってしまったり、女の子の言うことに対してうまい返し方が分からない方は「そうなんだ」と返すのではなく、オウム返し手法を実践してみてください。

●普通の会話
男:「今日は何をしてたの?」
女:「昼間は友達とランチしていたよ」
男:「そうなんだ」
女:「・・・」

●オウム返し手法
男:「今日は何をしてたの?」
女:「昼間は友達とランチしていたよ」
男:「へぇ、友達とランチしていたんだ」

一見何も変わらないように感じますが、オウム返しをすることで以下のメリットが生まれます。

・「そうなんだ」と返すよりも、友達とランチしていたことに興味を持っていることを伝えられる
・オウム返しで多くの言葉を発することで次の会話を考える余裕が生まれる
・女の子がその後に会話を続けやすい

上記の例では「そうなんだ」と、「へぇ友達とランチしていたんだ」と返すので1~2秒の差ができます。
この小さな間が会話をする上で重要で、会話が詰まって沈黙になるリスクを軽減できます。
オウム返しで会話に間を作ることで「へぇ友達とランチしていたんだ。何を食べたの?」と次の一言を考える余裕ができますし、一言だけ「何を食べてたの?」と返すよりも質問攻めをしている感じが出ません。

女の子からしてみても、「そうなんだ」と返すよりも、オウム返しされた方が相手がリアクションしている感じや共感されている感じが伝わり、「それでね・・・」と次の会話に進みやすいです。
若い女の子との会話だけではなく、女性との会話全般に使えるので、「そうなんだ」からの沈黙になってしまった経験がある方はオウム返し手法を実践してみてください。

とにかく褒める

OKサインをするビジネスマン

ライブチャットでの鉄板テクニックはとにかく褒めることです。
会話のネタがなくなったら褒める所を探してみてください。ただし、「可愛いね」など中身がない褒め方はNGです。
外見を褒めるならパーツや表情など何が可愛いかを伝えることが大切で「友達多そうなタイプだよね」など雰囲気や内面のことを褒めるのも効果的です。

褒められて悪い気になる子はいませんし、ライブチャットでは褒めすぎて警戒されることがありません。
リアルの世界では女性の褒め方にコツがありますが、ライブチャットではベタ褒めでOKです。女の子のポジティブポイントから会話を発展させましょう。