ページ上へ

ちょっと真面目活用術

横断歩道を行き交う人々

今回のライチャマニアは、第一回目でお題にとりあげたところ、反響の大きかった「ライブチャットの意外な活用術」のパート2を早くもお送りします!
(たくさんのメッセージありがとうございました!)

パート2では、ちょっと趣を変えてみまして「真面目な使い方」をテーマにチョイス!
皆さんの使い方が真面目じゃないと言っている訳では決してございませんので、あしからずです…!

トークスキル鍛えるために!

インタビューする男性

「就職活動や仕事に役立つかなと思ってやってみました」
そんな意外な目的でライブチャットを活用しているのは、会社員のサオスケさん。
「いやいや、そんなに固くならずに(息子がではなく)気楽に楽しみましょうよ~」と最初は正直思いましたが、お話を聞き終える頃には「なるほど!」と納得しておりました…。

今回はそんなサオスケさんにチャットインタビューで突撃!真面目で意外な活用術をご紹介します!

~前文省略

サオスケさん「特に学生の頃とかって、初対面の方と密度のある会話をする機会なんてそうなかったもので…。でも面接や仕事でも取引先とのやりとりではそういった場面は日常茶飯事だろうし、的確な対応をできるようにしとかなきゃかなと。」

(たしかに学生の頃、初対面の人間と密な会話をするのってあまりなかったかもしれないですね。うん。ナンパしても門前払いばかりでしたし…。)

●でも、面接のシュミレーションとか、学校とかでもビジネスマナーを学ぶ機会はあったんじゃないですか?
サオスケさん「ありましたよ。でも全然リアルじゃないんですよ。僕、元々トークがとても苦手で。なので、そういったものには積極的に参加しました。でも、根本的なスキルが上がっているような気はしなかったんですよね。」

(サ、サオスケさん、ま、真面目ですね。昔の自分に言い聞かせてやりたいですよ…。)

●確かに何となくではありますが理解できます。
サオスケさん「で、ある時何気なくつけたテレビでキャバクラの特集をやっていまして。そこでキャバ嬢の方が「このお仕事はトーク力がすっごい上がりますよ!」って話されていたんですよ。あっ、これ、まさに自分が欲しい力だと。」

●よく聞きますよね!トーク力とか、色々と時事ネタや雑学なんかの引き出しも増えると
サオスケさん「だけど、当然キャバ嬢にはなれないですし…ならばお客として行ってみるかと。僕、キャバクラには行ったことがなく、とりあえずネットでどう言うシステムなのかを色々と調べたんです。すると、意外にコストがかかるみたいで…。その頃金欠でしたし、就活中にキャバクラなんて行って良いものなのかと。と言うか、そもそも俺酒飲めないぞと…」

●お酒が飲めなくても楽しめるとは思いますが、就活中にキャバクラに入り浸りでもしたらそれこそ本末転倒になりそうですね…。
サオスケさん「そうなんですよね。さすがに就活のためにキャバクラ通うってのは、何かが間違っている気がしまして。で、あきらめて、その時検索していたページを適当にパラパラやっていたら「ネット型キャバクラ」という文字が目についたんですね。クリックしてみると何やらHトークもできるコミュニケーションツールとのこと。それがライブチャットとの出会いでした。」

●きたきたきた!来ましたねー!ここで就活とライブチャットが繋がったわけですね!
サオスケさん「料金も安いし、自宅にいながらすぐに始められるとあって、物は試しにフリーアドレスで早速登録してみました。無料ポイントが結構もらえたんですが、それを使ってトークするだけでも、もうドキドキでしたよ。本当、人見知りでしたので…」

●「適当にパラパラ」から生まれたライブチャットデビュー!それでどうでしたか?スキルのほうは上がりましたか?
サオスケさん「メチャクチャ鍛えられましたね!あえて毎日初対面の女性を選ぶようにしてたんですよ。けれど、せっかくならスムーズにトークできた方が良いし、プロフィールに書かれている情報を頼りにして、その方の好みとかも事前に分析したりしちゃって。」

●それは良かったです!確かに絶対にトーク力つきますよね。就活にも役立って、そして今のサオスケさんがあると?
サオスケさん「はい!就活中はライブチャットでその話をすると、女性が元気づけてくれたりしましてね。就活経験のある方から貴重なお話も聞けましたし。そんな甲斐もあり、就活も成功。IT関連の企業に就職することができました。しかもそこの面接、スカイプを使った面接だったんですよ。カメラに向かっての良い表情の見せ方とかは、普段ライブチャットで身につけていましたので活用できましたねー笑」

●ほー涙ぐましい!おめでとうございます!!ライブチャットなのにオナニーもせずに、力を磨くために日々切磋琢磨とは…
サオスケさん「…いえ、あの…それがですね…実は、初回から、しちゃってました。オナニー…」

●えっ!?
サオスケさん「やっぱりですね…毎日、しちゃってました…汗」

●い、いやいや!それが本来の使い方ですし、い、いいんじゃないですかね!結果オーライですよ!!
サオスケさん「ですよね!でも、感謝していますね、ライブチャットにはお世話になりました。いや、なってます」

●おっとー、現在進行系なんですね?!良いじゃないですか!これからもチャットライフを満喫していきましょう!今回は貴重なお話をいただき、ありがとうございました!

なぜアダルトを選んだのだろうか…

疑問を持つ犬

かなりレアでリアルな体験談を聞くことができました!
しかし、本当にうまく行って良かったですよね。たしかにライブチャットのおかげという部分もあるかもしれませんが、
何より大きいのはサオスケさん自身の向上心、誠実さが成功へと導いたのだと思います。

しかし、インタビューを終えて少々疑問も…
サオスケさんは、なぜノンアダではなく、オナニーができるアダルトライブチャットを選択したのだろうか?
トークスキルアップだけが目的であればノンアダの方が向いていたようにも思えますが…。

まぁ、就活中のストレスや性欲も発散できたのでしょうし、スキルアップも叶って一石二鳥で大成功ってことですね!