ページ上へ

これはダメ!嫌われる行為

嫌がる女性

ライブチャットは基本的に男性ユーザーがお金を払い、チャットレディは仕事として参加しています。
つまり男性ユーザーとチャットレディはお客とサービス提供者の関係になりますが、いくら男性ユーザーがお金を払っているからといって、何をしても許されるワケではありません。
チャットレディの多くは自宅からライブチャットを行っていて、誰かから管理をされているワケではありません。

女の子に嫌われる行為をすれば、途中でチャットを終了させられたり、サービスの質が悪くなるので注意しましょう。
ライブチャットで女の子から嫌われる行為をまとめました。

   

あからさまに短時間で終わらせようとする

ライブチャットは基本的に1分ごとに課金され、アダルト系では男性が性処理を目的に利用しています。
短時間でフィニッシュまで持っていくことが賢い活用術ですが、あからさまに短時間で済ませようとするやり取りをするのはNGです。
ライブチャットが始まったら、すぐに脱いだりオナニーを始めるように強要すると女の子に嫌われるので注意しましょう。

女の子もライブチャットを楽しんでいる子が多く、テンションが上がると過激なプレイを見せてくれます。
最初は容姿を褒めるなどのトークをして、順を追って展開を発展させていきましょう。
短時間で済ませたい雰囲気があからさまだと「他をあたって」などと見切りをつけられたり、男性側の思惑を感じ取って、意図的にジラそうとするイジワルをされることがあります。

侮辱行為

ライブチャットで女の子を侮辱するのはNGです。
特に顔がブスとかケツが汚いなど、容姿に関するネガティブな指摘は絶対にしてはいけません。
このほか、プロフィールの年齢やバストのカップ数と実際の映像にギャップがあった際でも「嘘でしょ」などと指摘するのもダメです。

女の子のテンションが下がるとサービスの質が低くなるので注意しましょう。
例外としてMプレイが好きな子に対してSキャラで言葉責めをするのはOKです。
女の子の立場になって、いくら仕事でもこんな男性ユーザーは相手にしたくないと思われる行為をしないように意識してください。

立場を口にする

冒頭で紹介している通り、ライブチャットの男性ユーザーは課金をするお客側の立場です。
だからといって「こっちはお金を出しているんだから」、「この手のライブチャットをやっているんだから、このくらいはやれよ」
などと男性側が優位な立場であることを口に出すと女の子から嫌われます。

ライブチャットは全国を対象に集客できるので、女の子目線で見てもユーザーを選べる環境にあります。
他の嫌われる行為と同じですが、女の子が嫌悪感を抱いたり、絡みにくいと思われるような発言や態度は控えましょう。

ノーリアクション

手でばってんをつくる女性

脱いだりオナニーを始めたタイミングでは何かしらのリアクションをしてあげましょう。
状況に応じて右手を動かしたり妄想を膨らませることに集中してもいいですが、終わった後にはポジティブな感想を述べることが望ましいです。
女の子が一生懸命サービスしているのにリアクションが薄いと、女の子のモチベーションが下がってしまいます。

リアクションが薄いだけならまだいいですが、完全に無反応だとヤバイ奴だと思われることもあります。
チャットレディは演者なので、男性ユーザーは演者を盛り上げるように意識しましょう。
特にツーショットチャットでは男性側が適切なリアクションをする重要性が高いです。

プライベートの話をしつこく聞く

「彼氏いるの?」
「えっいないの?意外!」
「絶対嘘でしょ?こんな可愛い子を周りの男が放っておくはずがない」

この程度の会話は非常に有効ですが、いきすぎたプライベートの話をしつこく聞くのはNGです。
大学生?何学部?程度まではOK。どこの大学に通っているのか聞くのはNG。
住んでいる都道府県を聞くのはOK、市や区まで聞くのはギリNG、最寄り駅を聞くのは完全NG。
ライブチャットをしている時間以外の詳しい行動内容をしつこく聞くのはNG。

上記はあくまでも一例ですが、プライベートや個人情報の話をしつこく聞くと、女の子はストーカーに発展することを警戒します。
男性側に悪気はなくトークの話題に困って話を掘り下げた結果、踏み入れてはいけない領域に入って女の子に嫌われる事例が多いです。
ノンアダルト系など会話を楽しむライブチャットの場合は、女の子から振ってくる話や男性側のトーク、世間で話題になっていることなどをネタに会話を盛り上げていくとよいでしょう。