ページ上へ

アプリとPCでの勝手の違い

パソコンの前で指を立てる女性

ライブチャットにはスマホアプリ版とPC用の2種類があり、PC版はもちろん、最近ではスマホアプリやスマホのブラウザから利用できるタイプも増えています。
スマホのアプリを使えば場所を選ばず利用できるほか、マイクやWebカメラを買うことなく双方向チャットを楽しめるメリットがあります。
しかし、豊富な機能が用意されたライブチャットは、アプリとPCで使い勝手に違いがあるので、特性を理解した上で利用する端末を選ぶようにしてください。

   

スマホ向けかパソコン向けか

まず最初に利用するライブチャットサービスがパソコン向けかスマホ向けか確認しておきましょう。
スマホ向けの場合は基本的にアプリ専用でパソコンから利用することはできません。
パソコン向けの場合は、可能であればPCから利用することをおすすめします。
ライブチャットはパソコン向けとスマホ向けで以下の違いがあります。

・基本的にパーティーチャットはパソコン向けのみ
・スマホ向けは音声チャットやメッセージのやり取りも需要が高い

アダルト系の利用などで、すぐにライブチャットを通じて女の子のパフォーマンスを見たい方や、パーティーチャットでワイワイ楽しみたい方はパソコン向けがおすすめです。
音声チャットやメッセージ、画像の送受信などライブチャット以外でも女の子と交流したい方はスマホ向けを活用するとよいでしょう。
このほか、PCとモバイルサイトの違いについてはコチラのページで詳しく解説しています。

PCからの利用をおすすめする理由

PCとアプリ(スマホ)の双方で利用できるライブチャットは、なるべくPCからの利用を推奨します。
PCはスマホより以下のメリットがあります。

大画面で迫力ある映像を楽しめる
メッセージチャットを活用しやすい
リモチャやギフトの送付など各種操作をしやすい
イヤホンとマイクの組み合わせ方法が多彩

PC最大のメリットは大画面で楽しめることです。
できればモニターの大きなデスクトップやノートパソコンを活用するとよいでしょう。
また、PCは大画面で映像を見ながらメッセージやその他の機能を操作しやすいです。
スマホからでも一通りの機能を利用できる場合がありますが、各種操作をするとライブチャットのモニターが小さくなってしまうことがあります。

また、スマホアプリから双方向チャットを楽しむ場合は、スマホを片手で持つかスタンドなどで立てかけないといけません。
長時間のチャットでは片手でスマホを持つ負担が大きく、立てかける場合はイヤホンや外付けマイクを使いにくいデメリットがあります。
昨今は高音質のイヤホンや感度が良いマイクが増えているので、ツールを充実させる面でもPCはスマホより勝手が良いです。

PCは初期費用が必要

デスクトップパソコンの多くはカメラとマイクが付いていません。
ノートパソコンはWebカメラ付きが主流になりましたが、マイクがないためライブチャットに必要な装備を揃える必要があります。
昨今はヘッドセットやコンデンサーマイク、Webカメラが安価に買えるようになったので、少ない初期費用で必要な設備を一通り揃えられます。

パソコンからライブチャットを楽しむ初期費用相場
ヘッドセット(マイク付き) 1,000~3,000円
コンデンサーマイク(据え置きマイク) 2,000~5,000円
高音質ヘッドホン 5,000~10,000円以上
Webカメラ 3,000~8,000円

それぞれのツールでハイスペックタイプを選べば相場より高くなりますが、大半の方は1万円以下でパソコンからライブチャットをするための装備一式を揃えています。
カメラやヘッドセットを買えば、ライブチャット以外にもオンラインゲームやビジネス向けのビデオチャットでも活用できるので揃えておいて損はありません。
ライブチャットをやるために必要なものはコチラのページで詳しく紹介しています。

まとめ

キーボードに触れる女性

昨今はPCとアプリ(スマホ)から利用できるライブチャットが増えていますが、PC向けは大画面や操作性など幅広いメリットがあるPCからの利用をおすすめします。
通い勤務のチャットレディでも完全歩合制で、売上からブース使用料を取られる所が多いです。
パソコンや必要なツールを持っていない方は、まずはお試しでスマホから利用してみるのも一つの手ですが、ライブチャットにハマって継続的に遊びたいのであれば、PCから利用できる環境を用意しましょう。

パソコンを持っていない方や、音量を気にせずに楽しみたい方はライブチャットに対応している個室ビデオがおすすめです。
PC向けサイトとは異なるモバイルサイトのライブチャットに魅力を感じた方は、無理にPCへこだわる必要はありません。