ページ上へ

ライブチャットがテーマのAV

ライブチャットを楽しむ男女

アダルト系ライブチャットは、女の子がリアルタイムで自分の要求を満たしてくれるので、AV(エロ動画)では物足りなくなった男性から人気を集めた経緯があります。
しかし、昨今はさらに一巡回ったことや、AVの進化によって今度はライブチャットをテーマにしたAVが人気を集めています。
今回のコラムでは、ライブチャットに興味があるけど、1分単位の課金システムに不安を感じている方をはじめ、経験者の方でも楽しめるライブチャットがテーマのAVについて解説します!

                    

ライブチャット系AVの種類

ライブチャットがテーマのAVには、次の3つの種類があります。

・ライブチャットサイトの録画映像(無断転載)
・一般的な企画系の作品
・VRによる主観映像

まずはじめに、ライブチャットの映像を録画して無断転載することは当然違法です。しかし、検挙されるリスクを顧みずに気に入った映像を無料サイトにアップする人が多数います。
ライブチャットはリアルタイムのやり取りが最大の特徴なので、録画された映像になると魅力が半減します。それでもライブチャットを利用する前のサンプル動画として活用するには有効なツールだと言えます。
閲覧する側にも若干の違法性がありますが、ネット上には悪用されたライブチャットの動画が多数あるので、気になった方はチェックしてみてください。

企画モノVS本物のライブチャット

レーベルが作った企画モノは、台本や構成が存在するプロの手で作られた作品です。 ライブチャットは男性ユーザーの要求にチャットガールが応えるなど、男性ユーザー参加型のコンテンツです。
ライブチャットをテーマにしていても、AVとリアルタイムのライブチャットは全くの別物なので、甲乙付けるのは難しいです。
ライブチャットがテーマの企画AVは、プロ仕様のカメラによって鮮明な映像が撮れていて、男性が満足できるような工夫をした構成になっているので、素人同士のやり取りが行われるライブチャットより完成度が高いです。
ライブチャットをする中でも、覗きモードで見ているだけで十分という方は、企画モノAVを閲覧した方が満足でいるかもしれません。
自分の出した要求に応えてもらったり、双方向チャットで自分の配信する映像に対してのリアクションによって興奮できる点では、本物のライブチャットが大きくリードしています。

VR動画が流行

VRゴーグルを使用する男性

昨今はライブチャットをテーマにしたVR作品のAV(エロ動画)が流行しています。
スマホやパソコンから無料アプリをダウンロードして、通販で1,000円台で売っている専用ゴーグルを用意すれば気軽に最新VR体験をすることができます。
VRのAVは作り物ですが、ライブチャット以上のリアリティを感じられると人気です。

VRで楽しめるライブチャ

2019年に入って一部でライブチャットのVR版がリリースされています。
現在はAV女優出演など配信数を制限した試験的なもので、リアルタイム配信によるVRは編集されたVR動画のAVに比べて品質が劣っています。
また、VRゴーグルを着用すると、必然的にメッセージを入力したり双方向チャットの臨場感が薄れてしまうデメリットがあります。
ゴーグルを着けながら女の子とのコミュニケーションをどうやって取っていくかの課題があるものの、今後はVR映像のリアルタイム配信技術の向上で普及する可能性を秘めています。 つまり、ライブチャットはVR技術によって、これからも伸びシロがあるのです!技術的な問題が大きいので、VRライブチャットが普及したら大手がシェアを伸ばしていくでしょう。
これからもライブチャット業界の最新動向から目を離せません。